1.国内の農業生産が将来にわたる食の安定を支えています。
 
2.水田は水を制御し、自然災害から暮らしを守ります。
  畦畔に囲まれている水田や水を吸収しやすい畑は、雨を一時的に貯留し、時間をかけて徐々に下流に流すことで、洪水を防止・軽減します。

 
3.安全で豊かな国土は、田畑の耕作によって築かれています。
  耕作された田畑は土砂の流出や飛散を防ぎ、地滑り等の災害を防止します。

 
4.水田を中心とする土地利用が豊かな水資源を育んでいます。
  水田に利用されるかんがい用水や雨水の多くは地下に浸透し、良質な地下水として生活用水や工業用水に利用されます。また、時間をかけて河川に還元されるため河川の流況(流量)が安定的に保たれます。

 
5.地域の環境を保全し、地球環境への負荷を軽減します。
 

作物の栽培は光合成や蒸発散により光や熱を吸収し気候をやわらげるとともに,大気を浄化する働きがあります。また、水中や土中の微生物の働きにより、水質を浄化する作用があります。更には、有機物の分解機能によりリサイクル等循環型社会のシステムづくりが可能となります。

 
6.農村には日本の風景や豊かな生態系を育む自然があります。
  水田や畑では、自然との調和を図りながら適正に管理されることにより、植物や昆虫、動物などの豊かな生態系を保護しています。また、ふるさとの自然や景観は、農業が営まれることで維持、保全されています。

 
7.豊かな自然と穏やかな空気がうるおいとやすらぎを与えます。
  農村には都市生活の疲れを癒し、心と体をリフレッシュさせる保養機能があります。また、農村は自然の大切さを学ぶ体験学習の場としても活用されています。

 
8.歴史や文化を伝える行事や伝統芸能などを保存継承します。
  四季折々の自然の恵みに感謝と祈りを捧げる日本の伝統文化があります。